プロが答えるよくある質問

外壁塗装で高圧洗浄機の清掃後、濡れたままコーキングをしても大丈夫か?

Pocket

家の塗装をするにあたって大気汚染や雨などによって汚れた外壁を高圧洗浄機を使って洗い流す作業を行います。
この高圧洗浄、かなりの水圧で行うので外壁や雨戸、戸袋などの傷みが激しいと洗浄することによって破損する恐れもあります。
見積もり段階や足場仮設後の見回りなどの時に業者は家の周りを見て確認していると思います。
その部分に対しては圧を弱くして洗浄を行ったりする対応をとるのが一般的です。
しかし業者さんも人間ですから見落としてしまうこともあります。
高圧洗浄の前には壊れてしまっては困る植物や植木、自転車などは一時避難させておくと良いでしょう。
また気が付いたことがあれば遠慮しないで作業する職人さんに伝えておくことが必要です。

 

洗浄から外壁塗装に入るまでは乾燥させなくてはなりません。
なぜかというと塗料に密着が弱くなってしまうからです。
ではドアやサッシまわりに施されているコーキングは濡れたままでも大丈夫なのでしょうか。
ドアやサッシのまわりに施されているコーキングというのは隙間を埋めて密着を持たせるためのもので、防水性も兼ね備えています。

 

下地を塗ってからコーキング剤を埋め込んで気密性を高めるので、外壁塗装同様に濡れたままの目地にコーキング剤を埋め込んでも何ら役目をしません。
また目地のはがれの原因にもなってしまいます。

 

外壁塗装でも目地を処理するのでも、高圧洗浄をした後は十分な乾燥が必要になります。
業者によっては作業を一日休業して乾燥させる業者もあるくらいです。
長期間持たせるためにもこの作業を怠ってはいけないのです。
濡れたまま作業をすることはおすすめできません。

Pocket

あなたの街の外壁塗装
相場価格は今いくら?























  • 1






  • 2






  • 3






  • 4






  • 5



    いきなり業者から電話がかかってくる事はありませんのでご安心ください。稀に弊社より確認のご連絡をする場合がございます。


    ※SMSにて正しい価格相場を送信しています。入力後1秒でお手元に届きますので正しくご入力ください





  • 6



    ご入力は任意ですが、全国相場の控え業界裏事情満載の小冊子今月末までのキャンペーンで無料でお送りしておりますので、ご入力いただく事をオススメします。


    ※SMSが届かない場合、メールにて診断結果をお送りしております。念のためご入力ください。






完全無料次へ

次ページで「業界事情ネタバレ」小冊子をプレゼント中(※3/30日まで)




外壁の相談窓口では、システムの関係上、一日のご利用人数を制限しています。ご自宅近辺の外壁塗装の適正価格を知りたくてお困りの方は、お早めに相場チェックをしてみて下さい。(本日は残り6名様まで)
親切・丁寧にご対応いたします
無料で一括見積り!


その他の人気の記事