プロが答えるよくある質問

火災保険で外壁塗装の費用は賄えますか?

Pocket

外壁や屋根の塗装費用は安くても80万~数百万円かかり、一般の家庭にとっては大きな負担だ。しかし、一定の条件はあるが火災保険で外壁塗装を行う事は可能なのだ。それには下記条件を満たす事が全て必要になる。

外壁や屋根の塗装が火災保険で賄える条件

①火災保険に加入している事
②加入している火災保険が”風災”を保険適用範囲内としている事
③保険会社が派遣する外壁診断士に「風災」と判定される事

一見すると、保険に入ってさえすれば簡単な条件に見えるが、実際の”風災認定”は申請が認められないケースが多々あるのだ。なぜなら保険会社も商売だから、なかなか「風災」認定されないからだ。それではどうすれば、それには、火災保険の適用経験のあるプロの業者に申請を手伝ってもらう事なのだ。

なぜなら、保険会社が派遣する診断士は資格は持っているのが現場経験の少ない人が多い。ほとんどで、保険の経験がある業者ならば豊富な経験から、判定を風災判定に持って行く可能性を高められるのだ。

本日は外壁塗装のコンサルティングの筆者が外壁塗装に火災保険を適用するためのステップや注意点を解説するから最後まで読んでほしい。

火災保険の加入と保険内容を確認

まずは加入している火災保険の契約書を確認しよう。火災保険は現在は、ほぼパッケージ型保険になっており
そのパッケージに風災も入っているのが一般的だ。しかし昔の保険は「風災」がオプションになっていたる可能性がある。

まずは火災保険の加入と保険の適用範囲をすぐに確認しよう。ちなみに火災保険会社10社を紹介するので、まず加入している保険会社を覚えている場合は、下記のリンクで確認できる。
※ただし保険内容は日々かわっているため、厳密には契約書を確認しよう。

大手火災保険会社10社の「風災」の保証について

AIU保険「スイートホームプロテクション」
富士火災「未来住まいる」
朝日火災「ホームアシスト」
三井住友海上「すまいの保険」
損保ジャパン「THE すまいの保険」
あいおいニッセイ同和損保「住まいの保険」
東京海上日動「トータルアシスト住まいの保険」
日新火災「住宅安心保険」
エース保険「住宅総合保険」
共栄火災「安心あっとホーム(個人用火災総合保険)」

上記保険会社の各ページをみていただければ各社、風災は保険適用範囲であることがわかる。もし上記以外の保険会社でも、ホームページを検索すれば出てくるから見てほしい。

では次に火災保険の適用条件をみてみよう。

火災保険の適用条件「風災」の定義

 

火災保険への加入が確認できたら、次の保険の適用条件の「風災」の確認をしよう。まず風災の定義だが、

・強風や竜巻によって外壁や屋根が破損した。
・台風や暴風雨によって外壁や屋根が破損した。
・突風によって外壁や屋根が破損した。

という定義になる。したがって

「強風によって屋根が破損した」
「台風によって、物が飛んできて外壁が破壊した」
「大雪で屋根が破損した」

といった例が保険の適用範囲になる。逆に下記の例は保険適用の範囲外だ。

「自然劣化による外壁塗装の変色、さび、カビ、腐食」
「塗装作業の技術(手抜きあるいはスキル不足)による損害」

保険会社の連絡は後で!先に業者選定を!

 

ここまで読んで「うちはあきらかに自然劣化だから保険対象外だ、あきらめて費用は全部自分で払おう」とは思わないでもらいたい。なぜなら本当に自然劣化なのか風災なのかは”プロが見ないと判定できないからだ”

だから間違っても、あなた自身の所見で判定しない事だ。そうすると次に取るべき行動はなんだろうか?
まだ保険会社への連絡は待ってほしい。業者の選別が先だ。なぜなら先に保険会社に連絡すると保険会社から「鑑定人」があなたの家にやってくる。

その鑑定人とは日本損害保険協会という第三者機関に所属する中立的な人だが、とはいえその人のお金は元をたどると保険会社から出ているので、診断は保険会社よりになる事が多い。だから先に保険会社に連絡するとあなたに不利な診断がなされる可能性が高い。

しかもこの鑑定人は正式な資格をもった人なのだが、鑑定人の多くは現場経験がない、いわゆる資格の知識だけをもった人で、本当の鑑定能力があるのかは微妙なところだ。

では本当の鑑定能力がある人は?それは現場経験豊富なプロの業者の目だ。だから最初に業者に相談しよう。
そして業者を選定させる基準として、重要なのは火災保険の申請経験が豊富な業者だ。

火災保険に詳しい業者は、保険会社への電話の問い合わせ方かあ申請書の書き方まで保険の申請が審査を通るノウハウに精通している。

また業者によっては、火災保険適用のための無料診断を行う業者がおり、申請の助言を行ってくれる会社があるのだ。その場合、保険が適用できなかった場合は診断料の費用は無料にしてくれる業者もあるのだ。

そういった業者を探すのは、一括見積で複数社を検討するのが近道だ。下記フォームから確認してほしい。

一括見積による複数業者の選定

火災保険の風災認定の注意点

風災が会った日から3年以内の申請

風災である以上、”いつの風災なのか?”をはっきりする必要がある。「風が強かった日がいつだったなんて覚えていない。」など心配しなくてよい。なぜなら強い風は3年の間に何度も何度も吹いているからだ。気象庁のホームページから過去の気象事例のデータがあるから、あなたの地域で参考にしてほしい。必ず3年以内に風災になる風が吹いているはずだ。

気象庁ホームページより引用:災害をもたらした気象事例

外壁工事が20万円以上の費用がかかる事

この点は、あまり注意は必要ないかもしれないが念のため説明する。保険の内容によっては20万円以上の工事額ではないと、保険金が支払われない契約もある。しかし外壁や屋根の工事は、ほとんどが20万円以上かかる高額な工事のため、この点はあまり不安にもたなくても大丈夫だ。頭に入れておこう。

最後に

いかがだっただろうか?まずは外壁や屋根の塗装の費用は火災保険が適用できるかどうかを検討しよう。そしてその際は、保険会社への連絡は後にして、先に火災保険申請に精通した業者選定し、保険申請の助言を受けよう。

ではその火災保険申請に精通した業者の選定方法は、複数の業者にコンタクトとり、「火災保険の適用経験があるか?」と聞いてみよう。その際は複数の業者への一括見積が便利だから下記から試してほしい。

一括見積による複数業者の選定

火災保険による風災の認定で、外壁や屋根を直すのは、あなたの当然の権利だ。堂々と権利を主張して、外壁塗装の費用負担を軽くしよう。

Pocket

あなたの街の外壁塗装
相場価格は今いくら?























  • 1






  • 2






  • 3






  • 4






  • 5



    いきなり業者から電話がかかってくる事はありませんのでご安心ください。稀に弊社より確認のご連絡をする場合がございます。


    ※SMSにて正しい価格相場を送信しています。入力後1秒でお手元に届きますので正しくご入力ください





  • 6



    ご入力は任意ですが、全国相場の控え業界裏事情満載の小冊子今月末までのキャンペーンで無料でお送りしておりますので、ご入力いただく事をオススメします。


    ※SMSが届かない場合、メールにて診断結果をお送りしております。念のためご入力ください。






完全無料次へ

次ページで「業界事情ネタバレ」小冊子をプレゼント中(※日まで)




親切・丁寧にご対応いたします
無料で一括見積り!

依頼がご不安な方、ご不明点のある方へ

親切・丁寧にご対応いたします只今スタッフ待機中

依頼がご不安な方、ご不明点のある方へ

「外壁塗装の相場を知りたい!」「業者に聞いても言ってることが違って何が正しいのかわからない」など、なんでも結構です。全て無料でご利用いただけますので、お気軽にご相談ください。ご相談方法は、下記よりメール、または電話にて受け付けております。

お電話から相談する

お気軽にお電話ください

0120-945-990

【営業時間】24時間対応中!

メールで相談する

24時間オンライン受付中

メールで相談する

「外壁塗装の窓口」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。


その他の人気の記事